霊園をお探しの方はあおば石材へ。谷中御廟、南千住浄苑、メモリアルガーデン馬橋  会社情報   サイトマップ 文字サイズ
   
都立霊園に見事当選!!でも、3年以内に埋蔵しないと・・・   お支払いは便利な建墓ローンがご利用になれます。   皆様の想いのこもったお墓を紹介致します。
あおば石材 TOP  > お墓のリフォーム
お墓の引越し方法お墓の引越しパターンお墓の引越し手順時系列で説明
お墓の引越し方法
お墓の引越し方法には、大きく分けて以下の4つに分けられますが、前提となるのは、既存の墓所をどうするかです。
既存の墓所を残さない場合は、移転後に更地に戻します。
なお、引越し先に移動できるのは、一般的に石碑と骨壷のみとなります。(納骨棺や外柵と呼ばれる回りの石は移動先の墓地と寸法が合わない等の理由によります。)石碑の移転についても、霊園の許可が必要となりますので、移転をお考えの方は、初めから、許可されている霊園をお探しになるのがよろしいでしょう。
お墓の引越しパターン
1.お墓の種類
お墓は、大きく分けて寺院墓地・公営墓地・民営墓地と分けることができます。 それぞれの特徴は以下のようになります。
寺院の境内にある墓地です。お寺との「壇信徒契約」という、そのお寺の檀家になる契約(入壇)が前提となってきます。 檀家として、護持会費や寄付など、お寺の管理・運営に協力する義務が生じます。 墓地の管理は、たいへん行き届いており、永代供養が可能であり、法要の際にも寺院やお墓にすぐに行けることが長所といえます。
都道府県や市区町村自治体が管理・運営しています。全国で、500ヵ所以上の公営墓地があります。 使用料・管理料が安く、宗旨宗派を問わず、立地の条件が良いなどの長所があります。 しかし申込に際して制限も多く、地域によっては、例えばその自治体の管轄地域に現住所があること、お墓の継承者がいることなどの条件を満たさねばならないところもあります。 それに加え、生前に墓地を購入することができない、応募が多い、競争率が数倍から数十倍にもなる都道府県もあります。
公益法人(財団・社団法人)や、宗教法人が寺院境内以外に運営している墓地です。墓地の場所や大きさが自由(先着順)に選べます。 宗旨宗派を問わないところがほとんどです。
2.お墓の引越しのパターンと注意事項
お墓は、大きく分けて寺院墓地・公営墓地・民営墓地と分けることができます。 それぞれの特徴は以下のようになります。
1.現在の寺院にお墓を残したまま、お遺骨の一部を改葬(お墓の引越し)をする場合は、今後どのようにお墓を守るかを充分に検討しましょう。
2.現在の寺院からお遺骨を全部移す場合は、「寺院と檀家」といった関係性が深い墓所であることから、まずご住職様に事由を伝え理解をもとめましょう。この場合、お墓の引越し後、墓石等を撤去・原状回復をします。
3.引越し先の墓地が、現在と同じ宗派でない場合は、改宗が必要となる場合がありますので、引越し先の寺院にお問い合わせください。
1.既存のお墓はお引越し後、墓石等を撤去・原状回復をし、管理する都道府県(或いは市区町村)に返還します。
2.引越し先の墓地が、現在と同じ宗派でない場合は、改宗が必要となる場合がありますので、引越し先の寺院にお問い合わせください。(宗教自由の墓地などもあります)
1.既存のお墓はお引越し後、墓石等を撤去・原状回復をし、管理団体に返還します。
2.引越し先の墓地が、現在と同じ宗派でない場合は、改宗が必要となる場合がありますので、引越し先の寺院にお問い合わせください。(宗教自由の墓地などもあります)
寺院墓地への改葬(お墓の引越し)では、改葬先との壇信徒契約が必要になる場合があります。( 檀家として寺院の維持・管理に協力する義務を負う場合があります)
1.現在の寺院にお墓を残したまま、お遺骨の一部を改葬(お墓の引越し)をする場合は、今後どのようにお墓を守るかを充分に検討しましょう。
2.現在の寺院からお遺骨を全部移す場合は、「寺院と檀家」といった関係性が深い墓所であることから、まずご住職様に事由を伝え理解をもとめましょう。この場合、お墓の引越し後、墓石等を撤去・原状回復をします。
3.引越し先が公営霊園の場合は抽選での権利取得が多い為、先ずは応募し、当選した後の改葬(お墓の引越し)となります。
なお、東京都が管理する都立霊園では、分骨や改葬骨では申込みができない霊園がありますので、あらかじめご確認ください。
4引越し先が民営霊園の場合、現在と同じ宗派でない時は改宗が必要となる場合がありますので、引越し先の霊園にお問い合わせください。
1.既存のお墓はお引越し後、墓石等を撤去・原状回復をし、管理団体に返還します。
2.引越し先が公営霊園の場合は抽選での権利取得が多い為、先ずは応募し当選した後の改葬(お墓の引越し)となります。
なお、東京都が管理する都立霊園では、分骨や改葬骨では申込みができない霊園がありますので、あらかじめご確認ください。
3.引越し先が民営霊園の場合、現在と同じ宗派でない時は改宗が必要となる場合がありますので、引越し先の霊園にお問い合わせください。
お墓の引越し手順
1.お墓を建てるのにかかる費用
お墓を建てる為に必要な費用とは、大きく分けて、墓地使用料・墓石工事料・管理料になります。
墓地は、土地そのものが売買されるのではなく、『永代使用権』を買うことになります。
所有権の取得でないので、不動産取得税や固定資産税などの税金は一切かかりません。
永代使用権には期限がなく、そのお墓を祀る者に対して、墓地使用権の相続は認められておりますが、第三者に譲渡したり、墓所以外の目的に使用することは一切できません。
不要になった場合、更地にして無償で返還しなければなりません。
墓石には、石碑・外柵・香炉などの石代金、それぞれの加工代金、工事代金が必要となります。別途、消費税はかかります。基本的には、石の種類・使用量・デザイン・加工方法によって価格が決まります。
墓地に共有施設の維持・管理に要する費用で、毎年支払うことになります。別途、消費税はかかります。
個人の墓地を管理する費用ではありませんので、管理料を支払ったからといって自分の墓地の清掃までしてもらえません。
また、管理料は、永代使用権を得た時点から発生し、滞納すると墓地の使用権を失う場合があります。
2.墓石の費用
3.3平方メートルの墓地に8寸角(約24cm)の石材(工事費込み)
和型墓 墓石/70〜300万円 外柵/140〜190万円 付属品/6〜30万円
洋型墓 墓石/70〜180万円 以下同

5平方メートルの墓地に9寸角(約27cm)の石材(工事費込み)
和型墓 墓石/90〜300万円 外柵/180〜250万円 付属品/6〜30万円
洋型墓 墓石/80〜200万円 以下同といったところでしょうか。

その他、付属品はその数を増やすと、当然価格もそれにつれて上がって行きます。
またこの他に、永代使用料と管理料がプラスされるというわけです。
3.建墓期間
お墓は通常、ご注文を頂いてから一つ一つおつくりしていきます。
石の種類によっても変わってきますが、ご注文を受けてから完成するまでに1.5ヶ月〜2ヶ月程度かかります。
時系列で説明
新しいお墓を探す
引越しすることが決まったら、まずは引越し先を探しましょう。
なお、民営の霊園・寺院などには受入宗派が決まっているところや改葬を受け入れていないところがあります。また東京都が管理する都立霊園なども、改葬を受入ていないところが多いのが実態です。(2009年現在)
改葬を受け入れている霊園の情報・引っ越す際の注意点などは、石材店にご相談されることをおすすめします。
新しいお墓を決める
新しいお墓が決まったら、管理者より<受入証明書または墓所使用承諾証>を発行してもらいます。
改葬許可申請書を入手する
現在お遺骨を埋葬している市区町村の役所から、<改葬許可申請書>を入手します。
※市民税や戸籍課など、市区町村の窓口でお尋ねください。
既存の墓地管理者との手続き
既存の墓地管理者から、<改葬許可申請書>に署名捺印をしてもらいます。
改葬許可証を交付
記入・捺印を終えた<改葬許可申請書>と引越し先の<受入証明書または墓所使用承諾証>を現在埋葬している市区町村の役所に提出して改葬許可証を交付してもらいます。
墓石を撤去する
菩提寺の住職に墓前で読経してもらうなど、「閉眼式」や「魂抜き」などと呼ばれる宗教儀式を行ないます。
※既存のお墓については管理者の指示に従い、更地に戻す等の整備をしてください。
お遺骨を安置する
持ち運びの際には、骨壷が割れたり、骨壷がこぼれてしまわないよう、さらしや風呂敷などで包みます。
新しいお墓ができるまでは、ご自宅の仏間や引越し先の墓地などに安置します。
新しいお墓に納骨。開眼供養を実施
新しい墓所に、改葬許可証と<墓所使用承諾証>とお遺骨を持参し、墓前で開眼供養など、宗教・宗派にのっとった儀式を行い、納骨します。
アクセスあんない お問合せフォーム
あおば石材 キャンペーン情報
お墓を建てる
お墓の形
お墓の知識
墓石の石の種類
文字・字体
家紋
お墓の疑問
お墓を探す
お墓の費用・建墓期間
お墓の形・石材の種類
納骨堂・合葬墓 他
供養のノウハウ
お墓のお引っ越し
お引っ越し方法
お引っ越しパターン
お引っ越し手順
お引っ越し事例
お問い合わせ
谷中御廟